前へ
次へ

自分で自分の葬儀を考えるということ

自分の死期を悟って、身辺整理を行なうという人もいます。
余命宣告されてしまって、出来るだけ早急

more

宗教に捉われることのない葬儀を行なう

葬儀は宗教的な意味合いがとても強いです。
宗教儀式の中でもかなり大きなものになります。

more

お葬式の形式にとらわれ過ぎている

お葬式は三日で全部を済ませます。
お葬式の現場は怒濤の日々、急な不幸でも、一日中思いっ切り泣く

more

通夜や葬儀に参列する側の服装のマナー

喪服には正式なものと略式なものがあります。
正式なものにはモーニングや和装など、略式にはブラックスーツやブラックフォーマルと呼ばれるものがあり、参列する側の場合には正式な服装を持っていても、略式な礼服を着るようにします。
正式なものを着用すると親族よりも格が上になってしまいます。
また喪章は関係者であることを現れていて喪服の代わりにはなりません。
仮通夜は亡くなった後すぐに行うため、不幸を聞いてすぐに駆け付けたときには地味な平服で伺います。
喪服を着用して伺うと、不幸を準備したいことになってしまうため平服を着用します。
通夜では、葬儀や告別式と同じようにブラックフォーマルを着用します。
ブラックフォーマルは貸衣装でレンタルすることが可能ですが、突然の訃報もあるため、靴やバッグなども含めて一式を用意しておくことがおすすめです。
冬に参列する場合には、コートの着用は可能ですが、葬儀会場となる建物内に入るときにはコートを脱ぐようにします。
御焼香の場所が屋外の場合には、御焼香のとき以外は着用していても大丈夫です。
ただし、コートの素材は毛皮や皮製品はタブーとなっていますし、マフラーや手袋などの防寒具も毛皮や皮製品は避けるようにします。

トレーニングはできるだけシンプルに
無駄な刺激は与えないようにしましょう

結婚式二次会・送別会・宴会におすすめのおしゃれな渋谷の貸切会場
緑に溢れたオシャレな空間で宴会や結婚式二次会など思い出に残るパーティを開催できます。

バキバキのスマホ修理|アイアップ
壊れる前のキレイなスマホに元通り

Page Top